FC2ブログ

吹きガラスの手順続

ここんとこ石川県では、荒れた天候がつづきますね~。
寒さも厳しくなってきましたね。
さて前回からの続きです。

seisaku5.jpg
一輪差しのそこになる部分に、別の竿をくっつけます。
(別の竿の先には溶けてやわらかいガラスがくっついていますので、
それが接着剤のような働きをします。)
そして、口になる部分を切り離します。
seisaku6.jpg
西洋バシと呼ばれる道具を使い口の部分を作っていきます。
私は「はし」と呼びます。

seisaku7.jpg
装飾をほどこしていきます。変わったはさみでしょ♪
マルバサミと呼んでいます。まるく絞って切るという感じです。
普通のハサミやと、切り口がまっすぐになるでしょ。
マルバサミやとガラスをぺタッと付けたそのままの状態なわけです。
伝わりますか?? 
切り口の違いも、おいおい紹介しないといけませんね。。。

seisaku8.jpg
天使をイメージした羽根を付けました。

seisaku9.jpg
完成したら、底に付いた竿を切り離し、痕をバーナーで焼き、
滑らかにします。

seisaku10.jpg
完成した作品は400度程の温度がありますので、外に置いておくと
急冷してる事になり割れてしまいますので、
炉に入れ一晩かけてゆっくりと冷やします。


完成作品はまた後日に。。

comment

Secret

プロフィール

硝子職人 秋友騰尊

Author:硝子職人 秋友騰尊
  お問い合わせはこちらまで。
  Glass Studio Cullet
     〒922-0554 
  石川県加賀市橋立町ウ196
  TEL.FAX0761-75-2400
メール glassstudiocullet@gmail.com

 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード