FC2ブログ

思いのままに。

ガラスの値段をつける時には
1時間に何個製作できるか?ということが重要になる事はいうまでもない。

2個出来るモノ、3個出来るモノ4個、5個、6個 それが全てではないが、値段が変わる。

私はできるだけ、ギリギリのところで値段を付けているので、
1時間に5個作るものは、仕事始めの1時間であっても終わり間際の1時間であってもきっちり5個作らないと、
売値が合わなくなってくる。失敗する余裕もあまりない。

今日は1時間に3個作るものを8時間24個作る予定で仕事の段取りをつけていた。

9時からスタート。13時までの4時間で10分の時間を余らせることに成功。
その10分でおにぎりを食べ、
13時から17時までの4時間でまた10分を余らせることにもうすぐ成功という
最後の1個の終盤で油断。

少しのミスで10分が無くなった。明日のサンプルを作ろうと欲が出た。
まだまだ やなぁ~。おれ。

まあ今日はぼちぼち。
1時間のランニングもこなし、自分に課したノルマは達成。

明日もそんな制作日
早めに休みますか。




comment

Secret

プロフィール

硝子職人 秋友騰尊

Author:硝子職人 秋友騰尊
  お問い合わせはこちらまで。
  Glass Studio Cullet
     〒922-0554 
  石川県加賀市橋立町ウ196
  TEL.FAX0761-75-2400
メール glassstudiocullet@gmail.com

 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード