FC2ブログ

さくらまつり ~春の装い~at PolarSta

先日もご紹介させて頂きました、
「さくらまつり~春の装い~」at PolarSta
大盛況な様子です。

冨金原さんや翠さんの
宣伝やトークのおかげで、ガラスの販売も
好調でありがたいです。

近年では アーティストのオブジェを制作したり、コンサートグッズのデザイン、
自らのお店をデザインして改装したり
色々なジャンルでレベルの高い創作活動をされている冨金原さんですが、本職?
の 焼き物は もう本当にその気になれば、
世界中の器屋さんがお取り扱いを夢見て、世界中で使う方はまた次の作品が欲しくなり、
ご本人と会いたくなるような大人気作家になれるんです。
(すでに彼のことを知っている人の間では大人気です。)

「焼き物には拘らない」
「生涯インディーズ」
という冨金原さんですので、
そこには価値を見出していようですが。。。

これからも ご自分のペースで焼き物を
作られる事でしょう。

そんな冨金原さんといえば
彩色ラインが代表作と言っても
過言ではない筈です。

優しい色使いが特徴で、
Glass Studio Culletでお求めになるお客様に
「私と同じ世代のロックでやんちゃな
おっちゃんが 紳士が作っていますよ~」というと
皆様驚かれます。

彩色ラインをひと通り体験すると
「あれ?」って気になりだす
シンプルなライン

私物のマグ。毎日愛用しています。
色気のあるフォルムでしょ?
使い心地もバツグンですわ~


大人気のえくぼそば猪口にも
シンプルラインあります。

作陶を始めて最初の方は
白とか黒のシンプルな器作っていたようです。
今回 このイベントに向けて
原点回帰ともいえる
黒マット ラインを改めて制作されました。

改めて取り組みだした昨年に
分けて頂いた 黒マットの七寸皿。

ご本人もブログでおっしゃられていますが、ただの黒ではなく 茶や青、シルバー等の色が見られる変化に富んだ黒。
使い心地もバツグンで我が家では
見かけない日が無い位。

黒や白の器はパッと見シンプルなだけに
素通りしがちですが、手に取ってみて下さい。
「食卓のイメージ」凄いし易いです。
そして 使い出すと 考え尽くされた作為にきっと気がつく筈。
いや。。。
自然過ぎて気付かないかもです。


¥4.000の器だとして、
10回使えば¥400/1回
20回使えば¥200/1回
100回使えば 。。。
もう ただ みたいなもんです(笑)

更に使う度に お金では買えない
満足度を得られます♪

器に限らず好きな品を購入するって
こういう事だと思うんです。

また好きな品だから大切に扱うし。

ランプシェードも

最近の冨金原さんブログでは
ガラス ランプシェード *「GRACE」
を紹介して下さっていますが
冨金原さんのランプシェード
いいでしょう?
Glass Studio Culletでも
存在感を放っています。

年中使用しているランプシェードに
関しては1日幾の計算や?(笑)


*GRACEという名前になりました。
名付けについてはまた後日


ランプシェードといえば
金工作家RENを忘れてはいけません

レンくんのシェードは
シャープだけどやはり温かい。

みんな本気で 取り組んでますので、
PolarStaに行けば 何処を見ても
刺激でいっぱい。

本気をマジって読んだ方は私達と同じ世代だな(笑)

イベント後半は4月2日(土)スタート
4月6日(水)まで

まだまだ 間に合いますよ~

Check it out !!


イベント、黒マット器について
詳しくは→冨金原さんの黒マット器 く
プロフィール

硝子職人 秋友騰尊

Author:硝子職人 秋友騰尊
  お問い合わせはこちらまで。
  Glass Studio Cullet
     〒922-0554 
  石川県加賀市橋立町ウ196
  TEL.FAX0761-75-2400
メール glassstudiocullet@gmail.com

 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード